かものはし先生のパキスタン講座VOL.3

c0106871_20481974.gif

ちょっとした解説・・・

私たちが住んでいるエリアは「カラチの原宿」まで徒歩5分、スーパーもすぐ近くの便利な場所です。
そこでフラットを借りていたのですが、カラチでは11ヶ月ごとに賃貸契約を更新するようで
この度オーナーさんから次回の更新までの2ヶ月以内に出て行くか、
もしくはこのフラットを購入するよう言われました。
私たちは買いませんよ、・・・っていうか買えません。
で、近々このクソ暑い中、引越しです。

パキスタンの住宅についてですが(とりあえず我が家の方式を述べます。)

ここは3つの寝室と客間が一つ、TVラウンジというのはリビングダイニングという感じでしょうか。
客間(DRAWING ROOM)には外から直接出入りすることができるドアが付いています。
イスラムでは男女を離す習慣があるので訪問客が来た場合はそのドアから客間に通せば
見知らぬ男女が顔を合わせず済むことになります。

家の中では靴をはいたままの時もあれば脱いでいる時もあります。
ウチでは入り口のドアのところでとりあえず靴を脱ぎます。子供たちは基本裸足です。母はスリッパ。

各寝室にトイレ、シャワー、洗面台のあるウォッシュルームがあります。
三つのうちの二つのトイレは洋式、一つのトイレはパキ式(和式?クラウチングスタイル)です。
イスラムではお祈りの前に身体を清めなければならないので、そのため各寝室に
ウォッシュルームがあるのではないかと考えられます。

各寝室、客間、ラウンジの天井にはファンが付いています。キッチンには換気扇のみ。

入り口から入るとすぐ壁にブレイカーの操作盤があります。停電になるとここにあるスイッチを
切り替えればジェネレーター(ディーゼルが燃料の発電機)から電気が供給されるようになります。
建物全体で大きなジェネレーターを備えていますが、これの作動中は電力量が大きい電化製品
(エアコン、掃除機、アイロン、洗濯機など)は使用ができません。

この建物の入り口にはレセプションもあり、ガードマンが24時間待機しているので
セキュリティは充分だと思うのですが、玄関、全ての窓、バルコニーに至るまで鉄製の格子が
つけられています。

日本のキッチンのシンクは基本的に中に洗い桶や三角コーナーが置ける大きさはあったように思いますが
ウチのはお風呂で使う洗面器ほどの大きさしかありません。実に使いにくいっす。
あと冷蔵庫はキッチンにあったほうが使い勝手がよいと思われるのですが、部屋の構造上
ラウンジに置くしかありません。
主人の実家も親戚の家も冷蔵庫が台所になかったような気がします。なぜ?
[PR]
by duckbill23 | 2007-06-09 15:26 | かものはし先生
<< ふえるひつじ フルーツ天国 >>