タオルについての考察

c0106871_4525031.gif

ちょっとした解説・・・

上記のネタ&解説はすべてのパキスタンの人たちに該当するとは思いませんが
特に私たちの親戚を観察して思ったことです。

まずこちらの人たちはタオル、といえば日本のいわゆるバスタオル
を指すようです。
で、特に好まれるのがぶ厚くて大きめのサイズのもの。
家族の人数が多いので同じタオルを皆で使いまわしているようですし、
乾きにくいせいかそれほどしょっちゅう洗濯はしないようです。

それでも当然使えば湿っぽくなるので乾かすわけなんですが
なぜか
ドアにひっかける
イスにひっかける
テーブルに広げる
ベッドに広げる
ってことをするわけなんです。

確かに天井に扇風機があるので乾きやすいのかもしれませんが
湿ったタオルを布団がしいてあるベッドに広げて干しているのを
発見した時は
「あ~!!布団が湿っ気る~!!カビる~!!」
と思ったものです。

それから
ウチの親戚たちに限ってなのかもしれませんが
彼らには「タオルかけ」は必要ないようです。

いつもタオルはかかっていませんので「飾り」状態です。
洗面台横のリングタイプのタオルかけには
何かの鍵がひっかかってる次第です。

よそ様のおうちはどうなんでしょうか~

最後に
風呂あがりのシャンプーあと髪をターバン(←って言いますよね?)にする際
こちらのいわゆるスポーツタオルのサイズを使っているのですが
(日本でいうと温泉や銀行でもらえるタイプのつもりで)
これですとビミョーに寸法が足りず
しっくりまとまらないのでちょいイラついているのは
ワタシだけでしょうか・・・?
[PR]
by duckbill23 | 2007-11-28 18:12 | かものはし先生
<< 我が家のペット(その1) 150ルピーでショッピング >>